AGA治療ならプロペシアをおすすめ

AGAって何のこと?

男性の間ではおなじみにもなっている言葉「AGA」ですが、中にはまだよく知らないという方もいるかもしれません。 AGAとは男性脱毛症のことで、英語の略称です。 男性に特徴的な脱毛症なのですが、女性でも絶対にならないというわけではありません。 ただ男性ホルモンに関わりがあり、脱毛の仕方にも傾向があるので、男性型脱毛症と呼ばれてきたのです。 しかし、今では英語名の略称であるAGAのほうが、多く使われているかもしれませんね。 男性にとって脱毛は非常にデリケートな問題、だからこそ脱毛症とはわかりにくいAGAの呼び名のほうが普及してきたのかもしれません。 医療機関でも、AGA治療をしていますという看板を掲げるところが増えてきました。 この治療は皮膚科で行われているのですが、どこの皮膚科でも見てくれるとは限りません。 できれば、AGA治療を行っている専門の皮膚科を探してみたほうがよいでしょう。 AGA治療は、日々進化しています。 最新の治療法などにも対応してくれるのは、やはり実績のある専門医でしょう。 AGAには、進行性という特徴があります。 あれ?ひょっとしてと思ったら、早めに治療を開始するのが進行を食い止めるポイントです。 ただ、健康保険は適用されず、AGA治療は概して高いのが相場です。 生命に関わるほどの病気ではないというのが健康保険が適用されない理由ですが、若い人にも患者が増えてきたAGAのことですから、今後医療機関側が治療費を安くする動きがあるかもしれません。 進行にも個人差があれば、治療の効果にも個人によって違いがあります。 どんな対策が有効となるか、自己流に判断するのではなく、専門医に相談するのが解決の早道ですよ。

AGA治療はどんなもの?

AGA(男性型脱毛症)の症状に個人差があるように、原因も治療も人それぞれです。
原因や最適な治療法を知るには、専門医にかかるのが一番です。

 

インターネットでも数多くの情報を得られますが、それだけで自己判断するのは早合点かもしれません。
自分に合った治療法を見つけることは、少しでも早い解決につながります。

 

 

AGA治療を受けられるクリニックが普通の皮膚科と違う点は、どこでしょう。
それは、AGAについての最新の情報や最先端の検査や治療テクニックがあるところです。

 

例えば、育毛メソセラピーともいわれているHARG法は、頭皮の薄毛部分に直接HARGヘアカクテルを注入します。
あるいはローラーを使って頭皮に塗ることで、毛根への薬の成分が浸透しやすくなります。

 

グロスファクターやビタミンといった150種類以上もの栄養成分が、効果的に育毛に働きかけるのです。
男女ともに有効な成分で、クリニックでは個別に配合を調整してくれるのがメリットです。

 

薄毛の頭皮には栄養分が足りなくなっているので、それを補うことで育毛効果がアップします。
HARG治療法の良いところは、AGAの他にも円形脱毛症や感染後脱毛症などの幅広い脱毛症に有効な点です。
男性に限られますが、プロペシアなどの内服薬を服用することでAGA治療を行うときもあります。