銀行・信販ローンから借り入れをする時にはどのような審査をするのでしょうか。

銀行・信販ローンから借り入れ審査

皇潤の販売と楽天市場

できるだけ審査がゆるいところから借り入れしたいと思っている人には
魅力的に聞こえるかもしれません。

しかし、銀行の場合の一定の条件とは収入が一定額であり、
給料の振り込み先が
その銀行であることなどが大きな条件です。


もちろん、それらの条件に合わない場合でも
少し高い利率であれば借り入れは可能でしょう。

インターネットでゆるい借り入れ先を探してみると、
ほとんどは銀行ではなく消費者金融です。

大手であればテレビで宣伝しているから、
怪しい金融会社かもも知れないといった心配は不要です。

ただ、審査が本当にゆるいのかと言えば、そうではありません。

審査基準はそれぞれの金融会社の内部で決められており、
普通の人が考えても返済しそうにない人には貸すことはないでしょう。

自分が借り入れをしたいと思った時に、
実際に借り入れができるのかどうかを確認しておくことは大切です。

一度審査を通過してカードを作っておけば、
いざとなった時に慌てずに借り入れができます。

審査がゆるいかどうかを、当日になってから調べても遅いでしょう。


銀行は企業などを相手にしていますから、
融資に関しては厳密な審査が基本となりますが、
企業の運営状況や将来性を考慮して、
最終的な判断をします。


しかし、個人に対する融資は入手できる情報だけで
審査することになるでしょう。


つまり、現在の借金残高、
これまでの延滞実績、そして年収です。

自分がどのような生活をしていて、
収入と支出の関係がどうなのかを自分で理化しておくだけで、
銀行から借り入れができるかどうかある程度判断できるでしょう。

銀行がだめなら、焼死者金融となりますが、
それでもダメな場合は原則あきらめることが大切です。

無理して借り入れ先を探すために、
ゆるい審査などとよくわからないサイトに誘導されてしまうのです。

闇金から借金をして、
返済額が雪だるま式に増えてしまった人は少なくありませんから、
審査がゆるいイコール危ないと認識すべきでしょう。

借金は健全な状態でなければならないのです


ローン(信販)会社の審査

住宅ローンやカーローンを組む時には審査を受けなければなりません。
手続そのものは難しくなく、書類に必要事項を記載するだけです。
消費者金融の審査も基本的には同じです。

最近はインターネット経由で
パソコンやスマートフォンから入力できる金融機関もありますから、
手続は非常に簡単になっています。


そして、審査ですが、銀行よりも消費者金融の方がゆるいと考えられています。
実はそれは条件が違うからであり、審査そのものがゆるいわけではありません。

銀行でローンを組む場合、
借り入れ額は100万円以上となることが多いですから、
それだけ借り入れ条件も厳しくなります。

消費者金融で100万円を借り入れする人はほとんどいないですから、
審査がゆるい気がするだけです。

銀行のローンのでは、給料振込先を所定の口座にしているとか、
クレジットカードを作っているといった条件で利率が下がるメリットがあります。

消費者金融も同じことですが、それらは審査を通過した後の特典となります。
ローンは長期的な借り入れですが、
消費者金融からの借り入れは短期的だと考えておくことをおすすめします。

その理由は利率の違いです。

消費者金融では利率が上限に近い17%などが多いのですが、
銀行のローンは3%未満が大半です。

17%で長期間借りていると、
その利息は無視できないくらいに膨れ上がってしまうでしょう。

借金で首が回らなくなった人の多くは、
利息のことをあまり考えていません。

その日の借り入れのことばかりを考えているからです。
返済について考えていない人に対する審査は厳しいのが当然でしょう。
過去の借り入れ実績や滞納の有無がチェックされるはずです。

どこからも借り入れることができなくなった場合には、
人はどうするのでしょうか。

自分の生活に問題があり、
それを改善することが必要ですが、
残念ながら多くの人はそれを考えません。

すぐに借り入れすることが最重要項目となってしまうのでしょう。
金銭的に生活にゆとりがないことが、精神的なゆとりも奪います。

生活にはお金が必要ですが、
借金をせずに生活することはできるはずです。

銀行でローンの審査を受ける人は、
自宅を購入したり新車を購入したりする余裕のある人です。

消費者金融の審査方法などを比較 借りやすく金利の安い
トップへ戻る